パンダの伝えたかったこと…

Rinnrinn 上野動物園の人気者、リンリンが4月30日、
静かに息を引き取りました(*´Д`)=з

中国から37年前にやってきた、
世界で一番珍しい動物と言われるパンダo(^-^)o

しかし、22歳7ヶ月という、人間で言うと70歳という高齢でこの世を去った。

パンダの生涯は、何だったんだろうか?
人に見られることが全てだと感じていたのだろうか?
何も分からずに日本に連れて来られて・・・

私は、学生時代「獣医」を目指して勉強をしていたので
よく上野動物園にも訪れました

その中でも一際印象深い動物がパンダだったのを覚えています
愛くるしくて、ずっと見ていても飽きないいきもの・・・

また、ランラン、カンカンが日本に親善大使としてやってきて、
両国の歴史的な問題から冷えていた交流が復活したのは画期的なことですね
日本中が「パンダ」に夢中になっていたのを、覚えています
私もすぐに見たかった・・・
東京は遠い場所だと分かっていたけど、小さな私はテレビで見るパンダでは満足できなかったのを思い出しますね (^-^)*

Pannda Kodomo Oyako

ランラン・カンカンはじめホアンホアン、フェイフェイ、チュチュ、トントン、ユウユウ
そして、リンリン。。。。

可愛いですね~ (^-^)ニコ

でも、パンダは伝えています

少子高齢化の問題は、ここにもあるのだと・・・

今、早急な対応をしない限り、種は途絶えてしまいます

若き人たちのこれからに期待します。。。

パンダと共に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念”ディープ”の実力!

最終戦!優勝で引退が決まった”ディープインパクト”に拍手です!!

これだけの成績と安定感を持った馬は、なかなか出てこないでしょう。。。Photo_289

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ムツゴロウ王国・・・

184photo 東京都あきる野市にある、”ムツゴロウ王国”が来月倒産するという記事が出ました。http://www.tokyo-mutsugoro-oukoku.co.jp/ 私は、動物が大好きで獣医さんの道を選んだ人間です。そこに、ムツゴロウさんという方が必然的に現れたのは、一つの運命的なものだと思っています。人里離れて北海道の無人島(嶮暮帰島)で暮らしていた畑正憲さんが、東京大学の理学部動物学科を卒業され、大学院に進学されたのは、有名な話ですが。無類の動物好きなのは私も一緒です。家族の影響もありますが、いつもいろいろな動物が家の敷地にあふれています。(現在も・・・)私は、北海道の厚岸郡浜中町にあった「ムツゴロウ王国」に興味を持ったのは言うまでもありません。何度も北海道におもむき、訪ねましたが原則非公開の場所でしたので、その機会に巡り合うのには時間を要しました。そうこうしているうちにテレビの放映が始まり、更に注目を浴び、子供たちの夢がいっぱい詰まった場所になるのに、そんなに時間はかかりませんでした。そこで、2004年東京サマーランド内に”ムツゴロウふれあい動物園”をオープンしました。しかし、東京の方の”夢”は、北海道という自然の中の動物であり、観光化された動物とのふれあいは、近くの上野・多摩動物園と変わりなく、むしろ金額的に張る王国への足は遠のくばかりということだったのかも知れません。皆さん、東京近郊の方は特にですが、今、畑さんが私財を投げ打って存続している”東京ムツゴロウ王国”に一度は行ってみて下さい。。。このままでは、王国を間近に感じられる機会は無くなります。私も、近いうちに行こうと思います!!^0^!!Dog_mutsugoro

| | コメント (0) | トラックバック (0)