管総理再選の効果はあるのか?円の急進で経済は逼迫!

Photo
菅氏再選でNY円が一時82円台 !!

管総理の再選が決まり、総理大臣奪取レースは一時落ち着きを取り戻しましたが、世界は非常に敏感にこの状況を見守っているのが分かります。。。

経済界のメンバーはこの結果をどう捕らえているのか分かりませんが、前に進まない経済対策を一日でも早く遂行して欲しいところです!

法人税の引き下げや、消費税の見直しなど、金持ち優遇策は相変わらず討議事項にあがっていますが、海外へ主体を移行する大企業をそんなチンケな対策で日本に回帰してもらうことが出来るのだろうか??

お金の流れを冷静に捉えている企業は、それこそ新興国への進出で企業収入を増やすことは考えても、日本再生のことなどこれっぽっちも考えていないのが現実。。。

魅力ある国づくり!が政界のすべき第一の問題点では無いでしょうか?

国をあげての商品プレゼンテーションも、JRのアメリカへの売り込みしかり、取り掛かりは早かったにも関わらず、シュワルツェネッガー・カリフォルニア知事を一番に落とすことが出来なかったのは、政界が企業との関係を密にしていない”営業”だからですね。。。

既に中国や韓国はじめ、ドイツやフランスなども名乗りを上げて、知事は契約の戦略を練りだした。。。
折角、JRの誇る新幹線をアメリカに売り込みに行ったのに、契約を進められなかったのは、アホらしい代表選の負の財産です!!!

現在は、国が滅びる時代。。。

日本再生を誓う政治家が居るのならば、その本質を理解し、経済対策をして欲しいと思います!!!!!
Photo_4
Photo_5
Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなことをやっている人こそ「本当にトロイカ!」だ!

Photo_44
■鳩山氏「ボクはなんだったんでしょう」 ・・・???


鳩山と言う政治家は、子供達から見ても「おかしなおじさん」だ!
あなたのせいで、民主党がゴチャゴチャになってしまったのに、
何も分かっていない。。。

頭の中が空っぽの人が、自己中で発言しても誰も答えてはくれないよ!

この政局、どこが落としどころなの?

絶対に負けられない管政権だけど、小沢敗退時には分裂もかなりの確立である。。。
民主党の末期だな・・・

何故、龍馬が薩長同盟をしたときのような「参謀」が居ないのか?
今目指すは、総理大臣を選ぶことより「経済立て直し」だろ!!!

国全体を見越すことが出来る人が居ない「民主党」には、本当にあきれる!!!


もっとしっかりやれ!


税金泥棒って称号だけが残るよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世も末・・・こんなことやってる場合なのか???

Photo_37
Photo_38
首相と小沢氏 権力闘争鮮明に !!!

何をやっているのか。。。。
また、内紛をして自己満足の世界に陶酔している政治家がいる。。。

日本を立て直す!

と言うのが、政治主導の日本再生じゃないのか?

既得権と自己防衛に走る政治家がみっともない。。。

小沢元幹事長が勝っても負けても政治は終わる。。。
勝てば、民主党離脱。。。
負ければ、内部分裂。。。

尻尾を振ってる鳩山元総理。。。
とんでもない人間が政界にははびこってる。。。


善い事言う前に、動きを見せて欲しい!
みんなの党、渡辺代表があきれている。。。
政策論争をしようと動いている政治家が居るのに、本当に悲しいね!
この状態でまた1ヶ月、社会は混沌とするのだから。。。

来月で補助金が終了する車業界!
後が無い状態で、政治の期待感も無い・・・

日本はどうなる?

この馬鹿げた”総理になりたい人たち”は、即刻退陣すべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

借金まみれの日本・・・

Photo_23
■「国の借金」初めて900兆円突破…6月末


日本の国の借金はいつも話題になるけど、昨年の定説発言は860兆円と言うことだった・・・

しかし、現在は?

900兆円!と言う到底胸を張ることが出来ない不名誉な状態になっています・・・

では、何故こんなに借金が出来るの?
となります。。。

日本人一人ひとりの資産は、おおよそ1470兆円程度と言われています。。。

ですので、近い将来その資産と借金が同額になる恐れがありますが、借金を棒引きにできると言う?国の浅はかな考えからこのように借金を積み重ねていけてしまう!と言う事実があるのです・・・

現在、日本の国債を所持している人は、ほとんどが日本人なので安定した金利を確保できる国債を持ち続けている国民が沢山います

しかし、国民資産と同額になりつつある今、国債を解約し資産を確保したいと考える人が出てくると。。。国は、その資金をどこかから用意しなくてはいけません。。。。

国の運営に使われる国債発行は、国が動いているうちは過去の国債の満期分を金利をつけて返納できるけど、高い金利の国債を維持していくのは”借金を返す為に、また新たに国債を発行する”と言う、何ともお粗末な運営になってしまっています

これを打破する為には、国の経済が右肩上がりになり資金(税金収入)が潤沢にならない限り、この負のスパイラルからは抜け出せません!
Photo_24 

アルゼンチンやギリシャ、現在はヨーロッパの各国が”国の破綻”に怯えている国際経済。。。

アジアの雄であった(現在は中国)日本が、復活できる要因はあるか?

ものづくりで世界をリードした日本も、そのノウハウを中国や韓国に垂れ流してしまった。。。
外交政策が下手な(交渉ごと)日本人は、資産を増やすことが出来ずにこのまま下火の経済の中で怯えていくことになってしまう可能性があります。。。

日本で儲かっている会社は、本社を海外に置き節税対策をしてしまって、法人税が日本に入ってこない。。。
新技術は、個々の会社が海外に売り込み、日本の地に根ずかない。。。
優秀な会社は、海外の投資家が買い取り(M&A)支配される。。。



こんなことをやっていたら、あなたの住む日本は海外支配の国になってしまいますよ!!



優秀な会社の経営者の方々には、そこのところ少し考えて欲しいな・・・って思います・・・

目先の利益は必要です!
しかし、子供達が安心して”日本に生まれて良かった!”って思える”国づくり”をしなければ、10年後には日本はどこかの国に買い取られ、自由な仕事に付けず、他国の利益のために働くことになってしまうかも知れません!

日本の政治は、政党同士のつぶし合いみたいな”馬鹿げたこと”をやってる場合じゃないんだから!!国民から新たに”消費税アップ!”みたいな、重加算税を要求している場合じゃないよ!!

本当に情けないけど、その政治家を選んでるのも私達なんだから仕方ない?????

アメリカ経済に引っ張られて発展した日本。。。

現在、アメリカ経済は部門的に回復しつつあるけれども、強固な足固めは出来ていない!
今日本がすべきことは、内需と外交(海外へ売り込む、日本へ観光で来てもらうなど)を中心に対応すべきです!
優秀な企業を国策で海外に売り込み、海外からの観光客に外貨を日本で落としていってもらう・・・

貯金をしよう!

他人事で無い日本の現状を、みんなで学ぼうね!!

http://www.geocities.jp/mkqdj167/japan.htm
Photo_25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の進むべき道は!?

Photo_14 国の政策がはっきりしない中、車社会は混沌としていますね
残念ながら、日本と言う国自体が体力を奪われ、瀕死の重症を負ってしまっているので、
そこに暮らす国民の皆さんが、守りに入るのは致し方ないことです

ただ、日本が”経済大国”として発展し続けてきたのは、今の社会にはタブーとしてささやかれている”大量生産””大量消費”社会が、金持ち日本を作ってきたのは事実です

より、経済活動を活性化し、活気ある社会作りをするには、国民一人一人が”お金を使う”事が必要になってきます

子供手当て一つとっても、貯蓄にそのお金が回ってしまえば”消費社会”は活性化しません!
でも、将来に不安を持っている家庭は、そうやすやすとお金は使わないでしょう・・・

Photo_15 使うことでお金が回っていくのですから、ここは難しいところですね・・・

”減税”に関して、皆さんも色々考えることがあるでしょう

現在、増税を考えなければいけないところで、先に減税の政策が発表される事態は、”飴とムチ”の関係を非常によく表しています・・・

9回裏2死満塁、ツーストライクスリーボール!!
どう戦いますか?どう気合を入れますか?
満塁逆転ホームラン打てますか??

政治家の皆さんが庶民の感覚を忘れてしまったら、お金は回らなくなる・・・
せっかく、新人政治家の1年生たちが誕生したのに、トップダウン政治の勉強会??
小沢幹事長の思う”新星日本”は、こんな第2の小泉チルドレンを作る為に発足したの???

Photo_16 ”庶民感覚”を訴えて全国行脚したんじゃなかったのかな????

中小企業家の経営者は、目先の減税より、今、お金が回る政策に期待しているのに、経済刺激策は何も見えてこない・・・

一部の車輌にかかる”エコカー減税”や家電製品などに添付される”エコポイント”、そして、今回導入が検討されている”エコハウス”に対するポイント制度ぐらいしか、見える政治がされていません!

国民は、どこに向かって進んでいくのでしょうか?

日本と言う国は、何を目標に発展していくのですか?

”高速道路の無料化”政策も見直し、トーンダウンは顕著になってきました

当たり前のことです!

地球温暖化を防止するのに、車がどんどん走るような政策をすれば反発を食らうのは子供でも分かる!アホらしくて聞いてられない!ETCを国民が使うことによる”渋滞の緩和”という政策も、土日の1000円走行法案で、数倍も渋滞し、CO2の排出も増えた!!

Photo_17 永続的な計画のもとに政策を実践しない限り、このように国民が踊らされてしまう・・・

政治家にとっては、高速道路が無料だろうが有料だろうが、”やってやってる!”と言う、自己満足でしかない法案で、政治家自身には何も変わらない事であると露呈したようなものです

なんて、頭が悪い人たちが集まってしまったのでしょうか?

民主党が政権をとったら、日本はこんなに変わります!

と言っていた数ヶ月前が、良い方へ!と勘違いしていたと感じてしまっている人も増えてきたかな??

政権交代は、必要でした!

しかし、今すべきこと、今からすべきことを、新人議員も含めた上で討議し、国家運営をしていって欲しいと思います!

素朴な疑問が、国を変えると思います!

みんな、いい国に住みたいと思っているのだから・・・

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバマ大統領来日!!

Photo_9

本日、アメリカ合衆国大統領のオバマ氏が来日しました!

色々な見方はあると思いますが、現在の日本とアメリカの友好関係を考えれば、エアフォースワンで来日したオバマ氏を、鳩山総理大臣がいち早く出迎えるという方向が大切だったんじゃないかと思いました。

対等外交を目指す日本の姿をどう捉えるか?

礼儀を重んじる日本男児として、空港での出迎えは大切な礼儀だったんじゃないでしょうか?

今後のアジア諸国の中心は、日本から中国へ変化していくという見方もあります。

Photo_10

現在、飛ぶ鳥を落とす勢いの中国経済・・・

1年前の北京オリンピックの時には、世界を牛耳るほどの勢いを見せた中国経済・・・・

http://www.joc.or.jp/beijing/

競技もアメリカを抜いて、金メダルを欲しいままにした中国選手団の活躍は記憶に新しいところ・・・
今、正にその勢いを復活させんばかりの中国経済

中国の上層階級は、国民の10%。。。
10%でも1億3千万人!!
日本の国民が全員金持ちになったのと同じです!!!

世界の時価総額ランキングでは、2009年7月に初めて中国企業がアメリカを抜きました
エクソンモービルの牙城を破ったのは、ぺトロチャイナ!
中国の地下資源会社(東シナ海ガス電でも日本とやり合ってますね)は、いつしか世界を牛耳る企業になりました

抜粋:

順位企業名国 (地域) 名主な産業時価総額
(百万米ドル)
1 エクソンモービル アメリカ 石油・天然ガス 336,524.9
2 ペトロチャイナ 中国 石油・天然ガス 287,185.2
3 ウォルマート アメリカ 小売 204,364.8
4 中国工商銀行 中国 銀行 187,885.4
5 チャイナ・モバイル 中国 電気通信 174,672.9
6 マイクロソフト アメリカ ソフトウェア 163,317.5
7 AT&T アメリカ 電気通信 148,511.3
8 ジョンソン・エンド・ジョンソン アメリカ 医療 145,481.2
9 ロイヤル・ダッチ・シェル 英国 石油・天然ガス 138,999.2
10 プロクター・アンド・ギャンブル (P&G) アメリカ 一般消費財 138,012.6
11 シェブロン アメリカ 石油・天然ガス 134.786.4
12 バークシャー・ハサウェイ アメリカ 保険・投資 133,664.6
13 中国建設銀行 中国 銀行 133,228.6
14 IBM アメリカ コンピュータ 129,995.1
15 ネスレ スイス 食品 129,613.8
16 BP 英国 石油・天然ガス 126,660.1
17 ペトロブラス ブラジル 石油・天然ガス 123,856.5
18 BHPビリトン オーストラリア / 英国 鉱業 118,221.7
19 トタル フランス 石油・天然ガス 117,854.1
20 中国銀行 (中華人民共和国) 中国 銀行 115,243.1
21 トヨタ自動車 日本 自動車 108,917.1
22 ゼネラル・エレクトリック (GE) アメリカ コングロマリット 106,765.8
23 中国石油化工 中国 石油・天然ガス 106,807.9
24 コカ・コーラ アメリカ 飲料 101,729.2
25 ノバルティス スイス 医療 100,159.6

注目は、日本企業の悲しさ・・・

ものづくりに明け暮れて、世界でも注目される企業がひしめき合っている日本。。。

しかし、日本は企業株式の発展のための知恵や手法に無頓着だったために、内部留保などの企業体力が無く、M&Aを繰り返す他国企業のような戦略経営がなされていないのが実情。。。

しかし、日本の企業は魅力的な企業が多く、現在中国や韓国企業が日本企業をM&Aしようと画策しています。。。

気づいたら、自分の会社が外資系になっていた。。。。

なんて時代が来るのも時間の問題でしょうか???

オバマ氏の来日で、世界経済を牽引する大国アメリカと日本が近づくきっかけになればと思います

今一度、世界経済の動向を基本線から見直すことが大切かと思います

Photo_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口教授の話・・・

Photo_6

立教大学経済学部教授、山口義行氏・・・

名前を聞いたことがある肩は、かなり経済ツーですね!

http://www.smallsun.jp/

現在の世界恐慌を誰よりも早く、誰よりも正確に把握し、発信してきた教授だからです

私が山口先生にお会いしたのは、2008年のこと。。。

ちょうど、トヨタショックが起きた時です

愛知中小企業家同友会という経営者交流会にて企画された例会で、お話を聞いたのが初めてでした。

Photo_7

しかし、縁あって今年に入ってからも数回経済学から見た日本の状態を教授していただいています

経営者として今何をすべきか?

リスケの必要性、潤沢な運転資金の確保、価値創造、イノベーション・・・

やることはキリが無いほど沢山あります

2009年から始まった、CMBSの問題、2010年、2011年と世界中が恐慌に陥っていく今の経済構造が、理解されて、自社に生かせる対応になっているか?

MBSで1兆ドルの経済損失を受けた世界経済。。。(サブプライム問題)

その3倍、3兆ドルの経済損失を生むCMBS問題。。。(商工ローン問題)
http://nsk-network.co.jp/i-cmbs.htm

アメリカではすでに数百社の銀行が倒産しています
来年、国内の銀行がこの波に巻き込まれるのは必至!

経営者として、潤沢な内部留保、運転資金の調達は、企業維持の根本問題になりそうですね!

Photo_8

以下、抜粋:

CMBSの2010年問題が取り立たされています。

CMBS=商業用不動産担保証券とは

収益用不動産を担保したノンリコースローン債権を引き当てとして、

SPCが発行する有価証券です。

不動産ファンドが活況だった頃、外資系金融機関がノンリコースローンを

を貸し出した後に、そのまま債権として保有するのでなく、それを証券化

して投資家に販売するというビジネスを日本でも展開しました。

サブプライムローン問題でも、注目された

いわゆるABS(資産担保証券)の一種です。

このCMBSが最も頻発されていた時期が2004年から2007年です。

この時期のノンリコースローンの多くが2010年前後に償還時期を迎えます。

CMBSの多くはリファイナンス型で、当初のローンの期限が到来した後は

リファイナンスを行い、既存の借入金の返済を行います。

しかし、世界的な信用不安、不動産不況により、リファイナンスができず、

ノンリコースローンのデフォルトが、2008年以降、多く見られるようになりました。

実際、CMBSの格付けをおこなっている

フィッチ・レーティングスの報告によると

----------------------------------------------------------------------
日本のCMBSにおける2009年上半期期日到来ローンのデフォルト割合は53%、
セクター全般を格付ウォッチ「ネガティブ」の対象に

フィッチ・レーティングス(フィッチ)は本日、

日本における商業用不動産担保証券(CMBS)の

裏付債権のデフォルトが前例のないペースで増えており、

フィッチが格付する日本のCMBSにおいて、2009年6月末までの6ヶ月間に

期日が到来した裏付債権の53%がデフォルトしたとコメントしている。

(09年7月13日プレスより)
----------------------------------------------------------------------

としています。

2009年上期時点でこのような状態です。

来年になると、もっと大変になるかもしれません。

どう考えても来年までにCMBS市場が回復するとは思えませんし。

デフォルトになると、ファンドに組み込まれた不動産の投売りが多発し、

不動産の価格を更に押し下げてしまう、という懸念も出てきます。

ムーディーズによると2009年に期限が到来するローンは

約7000億円。

2010年は1兆2000億にも迫る勢いです。

証券化の負の影は、日本にもこれから大きな影響を及ぼすかもしれません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界大恐慌に負けるな!

元気を出そう!

皆でこの難局を乗り越えよう!

日々、このようなことを皆が感じていることでしょう

アメリカを発端とした”世界恐慌”の波が、私たちに及び始めて4ヶ月が過ぎました・・・

アメリカでは、昨年はじめに住宅を追われた低所得者層の国民が、自宅を追われて泣いているシーンが何度も放送されました

他人事・・・

そう思っていた、日本人も多かったでしょう
私も、国際的な感覚になりきることはできず、その時点ではこのような状態になるということを知る由も無かった・・・
そして、その大きな波は海を渡り、あっという間に世界中を飲み込んでしまった・・・

安心感に包まれていた日本人の心は、今まさに、その土台から音を立てて崩れ去ってしまいました

こんなときは、まず強い気持ちを持つこと!
そして、助け合って、知恵を出し合わなければいけません!
政治で解決できる部分も沢山あります!!
皆で声を出して、政策を考えましょう!!

明るい話題=景気がいい!

そう!

景気の”気”です!!

まずは、気持ちをしっかりと持って、できる事からはじめる
そして、夢を持つ!
絶対に、立ち直ることができるという”気持ち”を持つことが必要です!

皆で元気を出そうよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年末、日本の行く末は?

1 皆様、元気にお過ごしでしょうか?

日本の政治が予断を許さない状況になり、正に世紀末・・・
麻生総理の「危機管理意識の欠落」は、一般人との生活レベルの違いがモロに反映された結果だと感じます

日本の政治は、政治家自身が「日本のために」「日本国民のために」という、純粋な愛国心を持った活動をし続けなければ、ただの税金泥棒に成り下がってしまいます

1_2 金持ち政治の「負の財産」が、今まさに国民一人ひとりに降りかかってきています

相次ぐ、一流企業の経営計画の見直しと、リストラ・・・
一般国民にとっての「幸せ」は、今の時期に例えれば、「安心、安全、健康」に年越しが出来る生活ですよね!

1_3 地元トヨタ自動車の6000名の契約社員のリストラ・・・
御手洗経団連会長の会社、キャノンのリストラ1100人以上・・・
日本IBMにおいては、正社員1000名以上、最大2000名のリストラ・・・

自動車会社関連の裾野は広く、下請け企業まで入れると、3~5万人は、平和に年越しが出来ない状況になってしまいました。

1_4 アメリカを基点とした”サブプライムローン”が起こした”世界経済の破綻”は、今始まったばかり・・・
口を開けば「ヤバイ」「苦しい」「先行きが見えない」など、どこをつついてもいい話題はありません

なのに、国の危機をコントロールしなければいけない「政治」は、来年までゆっくりと餅つきと言った感じです

許せますか?

納得できますか?

2008年度末までに、第2次補正予算を提出?
それって、3月でしょ?

法人の決算は、9月か3月が多いけど、個人事業主は、12月が決算じゃ!

物も売れずに、活気も無くなり、不安と失望感で年越しかい??

麻生総理を擁立した、自民党の責任は重いよ!

どう見たって、優秀な政治家とは言えないでしょ?
一日も早く、経済対策をして欲しい今日この頃です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮のレアメタル事業

Photo_2 今、日本は”孤立化”されようとしています

8カ国首脳会議”G8”が、北海道洞爺湖のウィンザーホテルで開催されましたが、地球温暖化に対する具体的な方策は、報告されませんでした

案の定というか、福田総理の実力どうりというか・・・

悲しい限りです

Photo_3 今後の日本のビジョンを遂行し、世界を巻き込んでいけるかどうか??

日本は、今、世界から、本当に”必要”とされていると思いますか?

日本外しが横行する中、リーダーシップを絶対条件で遂行しなればいけなかった今回のサミットで”やってしまったから・・・”なおさら、この現象は加速することでしょう

対して、北朝鮮はどうでしょう?

子供が駄々をこねるような態度で、世界を相手に
言いたいことを言い、やりたいことをやっています

これって、周りが振り回されているという風にとるか、
北朝鮮が本当は非常に戦略的で賢いのか・・・

北朝鮮は、お金のかかる部分では一歩も引きません

日本は、お金のかかるところでは日所に期待され、いつも大金を世界に向けて使い続けています

よい使い方(生き金)は、国民も納得できます

しかし、今はどうでしょう?

ちょっと疑問符がついていませんか?

Photo_4 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)