今日はおばあちゃんの葬儀でした・・・

今日は、私の母方のお爺ちゃんの姉の葬儀でした /(_ _)\

しかし、そのおばあちゃんの凄いのは、白寿目前!

そう、100歳間近の97歳での葬儀ということ! o(^-^o)

大往生ですよね!

3月がくれば、98歳になっていたおばあさんは、安らかに眠っていました

口癖は、泣いて涙を流している暇があったら、汗を流せ!

と言うくらいに、勤勉でしっかりものでした \(^o^)/

戦争を体験した明治生まれですから勤勉なのは分かりますが、戦争で旦那さんを亡くしてから、女手一つで4人の子供を育て、何不自由しない生活が出来たのは、その口癖にも表れているように、いつも働いていたからだと感じました /(_ _)\

私の家系は長寿が多く、ほとんどが90代以上まで健康に生活しています

私は、生活が不規則で精神的にも弱い?ので、何とも言えませんが、健康という当たり前の幸せを感じつつ、今年も元気に生きていこうと感じさせられる1日でした!

おばあちゃん、安らかに眠ってください・・・

お疲れ様でした・・・

そして、ありがとうございました /(_ _)\

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末商戦…

いよいよ年末商戦が始まり、街に活気が…

と言うのは、今年に限っては余り感じられない…

Strike

昨日、ホームセンターへ行ったけど、人がまばらで空いていた。

例年ならば、年末の週末なんかは、閉店間際までごった返しているイメージだったので、凄くショックを受けました。

定休日の日には、トイザらスに行ってみた…
この時期、サンタになりきる、お父さんやお母さんが溢れるおもちゃ売場も空いていた…

ただ、インターネット通販は違う!
アマゾンはじめ、楽天やヤフーショッピングも大盛況!

世の中変わったね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに歯医者へ行った!

1_2

今日は、久しぶりに歯医者へ行きました!

私、自慢ではないですが”虫歯”は1本も無く、至って健康体です!

しかし、お口のメンテナンスはエチケットですから・・・ o(^-^o)

今日は、歯科助手さんにお口の中を点検していただきました~ (σ´∀`)σ

Staff_2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買っちゃいました!

Photo

前から欲しかったのですが、くれ竹筆ペンの”万年筆風筆ペン”を買いました!

http://www.craftduo.co.jp/KWSC/index.aspx

書道をずっとやっていたので、毛筆の感じが好きで。。。

来年の手帳に書き込むには、これが一番!

と思っています。。。

ボールペンや万年筆に無い、”質感”があります!

予定や日記、結果や気持ち・・・

筆ペンで字を書くと、なんだか気持ちがこもるように思いますが、気のせいでしょうか??

携帯で予定表を管理する癖がついていますが、字を書くと言う基本線を忘れないように、ペンを大切に使って行きたいと思います!

しかし、年末、凄く事務機屋さんが込んでいました

師走の時期、もう今年も終わりなんですね・・・

やり残しだけはしたくないので、がんばります!

Photo_2 Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜は徹夜☆

Photo_7

眠い…

昨夜の作業で徹夜したので、今日は睡魔に襲われています

ただ、今日も今からコンピューターの現車セッティング…

だからこそ、眠さを克服して頑張らないとね◎

Photo_8

しかし、昨夜のアライメント&部品取り付けは時間かかっちゃったなぁ~、朝方寒かったし…

朝一で、店の掃除と整理整頓!

気分がいいね♪

基本は、掃除!

綺麗なところでは、やっぱり心が癒される!!

綺麗を心がけて、頑張ります!! o(^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコな世界の創造!

Ca3a0617 プリンス エコ プロジェクトが始動し、仲間が集う活動が始まりました!

1から作る、手作りの車・・・
アイデアや思いが詰まった車・・・
一つ一つの細部までこだわり、自分で納得がいくまで作りこむ・・・

ものづくりの原点を生かして、このプロジェクトに望みます!

”チームマイナス6%”のメンバーでもあるプリンスメンバー達が、
http://www.team-6.jp/

その活動の趣旨を理解し、とことん考えて出した、まず初めの取り組みです!!

自分達に何ができるか?

自分達は何がしたいか?

”車”と言う乗り物・・・
一見鉄の塊で面白くもないものですが、それが動くことで魅力が何倍にもなります

また、図面上の車体デザインに息を吹きかけ、具現化していくのはメンバーの知恵と努力です

産学連携で取り組む”エコカー プロジェクト”は、そんな思いから始まりました

現代の若者はじめ社会全体に広がる”車離れ”に、待った!!と言いたい \(^o^)/

車って楽しいよ!

環境対策を考えても、魅力が半減しない車作りを私達がすればいいのだから・・・

その昔、スーパーカーブームに沸いた世代・・・

Ca3a0654

ランボルギーニやフェラーリの名前や性能を暗記し、どれが好きかいつまでも語りつくした・・・

ポルシェ、ブガッティー、ロータス、アストンマーチン・・・・

「かっこいい」「速い」「音がでかい」

という3要素を兼ね備えたのが、スポーツカーだった

しかし、今の時代はスポーツカー自体が人気がなく苦戦しています

なぜ?

メーカー主導の車開発なので、メーカーが作らなければ手に入れることさえできないのです

じゃあ、作ればいいじゃん!

と言うことです

今や、電気自動車も時速500キロの時代です!

慶応大学の”エリーカ号”や サントリーBOSSのCMに出てくる”Buckeye Bullet”
http://www.eliica.com/

http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/cm_press/index3.html

「かっこいい」「速い」に関しては、すでにどうにでもなる時代が来ています (σ´∀`)σ

そう、第3の要素「音」に関しての研究をしていくことにより、化石燃料を燃やす時代から電気を身近に感じることができる時代へと変化していくのだと思います

私達は、夢を売る人間です!

発想力と実行力で次代を担う、車社会を創造します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュセリーノ、予言の真実。。。

Photo

Photo_2

Photo_3

先日、9月13日の「日本の東海地方に地震が・・・」という話題は、日本だけにかかわらず隣の中国でも話題騒然。。。

http://jp.youtube.com/watch?v=tEx1gsG-7M0

私の住む「愛知県岡崎市」は、震源地として表題のジュセリーノ氏に名指しされて「全市民がパニック状態」に近いものを引き起こしそうでした

が、幸運にも今回の予言は一段落し、いつもの平穏な日々がすごせています

「ありがとう」
「日常の平穏に、感謝します」

今回の予言がもたらしたものは、「防災意識」と「自然の驚異」です

市民一人一人が、どこかで「もし、本当に地震が来たら?」という仮定の下、自分ができる防災とは何か?実際に地震が来た時には、何が必要で、何をすべきか?という、シュミレーションができました!

ホームセンターや、スポーツ用品店は軒並み商品が売り切れ、ホームセンターの「防災グッズ」、スポーツ用品店の「キャンプ用品」は、消費者が「これが一番必要である」という、それぞれの見解をも変えたきっかけになりました

私も例外でなく、震災に備えて数年前から年に1回は「オートキャンプ場」に家族で行くようになり、楽しみながらいろいろな体験をするように心がけています

また、今回は小売店を経営しているので「お客様の財産を守る!」という観点から、当社の設備の中で一番被害が出ないところに車などを移動し、管理しました

いつもこうしなければいけない!

という気持ちが芽生えたのも事実です。当たり前のことですが、お客様からお預かりしている車を一番に考えて今までも保管してきたのですが、ただピット内にセキュリティーをかけて保管するだけのものから、作業中の車両では、ちょっとした心使いから、より安全な管理体制に変更できることも分かりました

ジュセリーノ氏の予言は、幸運にも当たりませんでしたが、今回の体験は「自ら、防災に関して考える」ことができたので、感謝しています

来るべき「東海地震」や「東南海地震」など、恐ろしい自然災害もいつかは必ずやってきます・・・

いつきても「最大限の防災」にできるように、日ごろからそんな意識を持って行きたいと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごいね・・・タモリさん・・・

Photo_6 今月2日に他界された漫画家の”赤塚不二夫”氏の告別式が開催されました
生前一番お世話になったタレントのタモリさんが、弔辞を読まれました
8分間の弔辞は、出会いから別れまでの細かな思い出と運命的な二人の出会いを私でさえ感じ取ることができる内容でした。

ギャグで生き抜いた赤塚不二夫さんの人生を送る、素晴らしい最後の晩餐だったようにも思います

ご冥福をお祈りすると共に、原稿もなく、白紙の紙を見ながらのタモリさんの弔辞をここに記載します

弔辞

 8月2日にあなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずかではありますが回復に向かっていたのに、本当に残念です。

 われわれの世代は赤塚先生の作品に影響された第1世代といっていいでしょう。あなたの今までになかった作品や、その特異なキャラクター、私たち世代に強烈に受け入れられました。10代の終わりからわれわれの青春は赤塚不二夫一色でした。

 何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなことをやっていた時に、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは今でもはっきり覚えています。赤塚不二夫が来た。あれが赤塚不二夫だ。私を見ている。この突然の出来事で、重大なことに、私はあがることすらできませんでした。終わって私のところにやってきたあなたは、「君は面白い。お笑いの世界に入れ。8月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住むところがないから、私のマンションにいろ」と、こう言いました。自分の人生にも他人の人生にも影響を及ぼすような大きな決断を、この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。

 それから長い付き合いが始まりました。しばらくは毎日新宿の「ひとみ寿司」というところで夕方に集まっては深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタを作りながら、あなたに教えを受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。他のこともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、いまだに私にとって金言として心の中に残っています。そして仕事に生かしております。

 赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。麻雀をする時も、相手の振り込みであがると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしかあがりませんでした。あなたが麻雀で勝ったところを見たことがありません。その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかし、あなたから後悔の言葉や相手を恨む言葉を聞いたことはありません。

 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折見せるあの底抜けに無邪気な笑顔は、はるか年下の弟のようでもありました。あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀の時に、大きく笑いながらも目からはぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺の時、たこちゃんの額をぴしゃりと叩いては、「この野郎、逝きやがった」と、また高笑いしながら大きな涙を流していました。あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。

 あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち、「これでいいのだ」と。

 今、2人で過ごしたいろんな出来事が、場面が、思い浮かんでいます。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外への、あの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五山の送り火です。あの時のあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生忘れることができません。

 あなたは今この会場のどこか片隅で、ちょっと高い所から、あぐらをかいて、ひじを付き、ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に「おまえもお笑いやってるなら弔辞で笑わしてみろ」と言ってるに違いありません。あなたにとって死も1つのギャグなのかもしれません。

 私は人生で初めて読む弔辞が、あなたへのものとは夢想だにしませんでした。私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。しかし、今、お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の1つです。合掌。

 平成20年8月7日、森田一義

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座の母!

Photo 本日、金スマを見ました ヽ(`◇´)/

”銀座の母”特集で、思わず見てしまいました (・ω・)ノ

毎回、この特集は笑えますヽ(;´Д`)ノ

http://www.h3.dion.ne.jp/~ginza-88/ginza-no-haha.html

http://www7a.biglobe.ne.jp/~toukou/kinginza.html

ここでひとつ・・・(姓名判断)
”総画23画は、大器晩成&お金に困らない”
という評価 (・o・)

ん?

私は、総画23や!

またひとつ・・・
”小指の付け根の縦線は金運”
というお言葉・・・

私は、ここを横切る金切り線は無いぞ!

またひとつ・・・
”運命線が、手首から中指に向けて長く延びているのは、出世!”
というお言葉・・・

ん?私も長き線が・・・

そして、結婚線・・・
”男は、右手の小指の付け根横。結婚の運命やいかに!”
という楽しげなお言葉・・・

私は、2本の非常にはっきりした線が長く平行に延びる??

これって、どうよ!

誰か!

教えてほしい!!

なんだか、銀座の母に会ってみたくなりました (*Θ_Θ*)/

占いは、当たるもはっけ、当たらぬもはっけ。。。

う~ん! 楽しいですね ^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃん・・・永遠に・・・

本日、最愛のおばあちゃんが他界しました・・・

母方のおばあちゃんです

思い出がいっぱいで、今はただただ現実を認めるのができないでいる自分がいます

安らかに眠ってください・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)