キャノン一眼レフの実力!

Photo_10
今日は、キャノンの撮影講習を受け充実な時間を過ごすことが出来ました手(チョキ)

この二ヶ月間で写した写真は一万枚を超え、ハードディスクは増設の一途をたどっていますウッシッシ

ただ、こんな世界に出会うことが出来て幸せですチャペル

今日は定員二十名に対して、参加者二十二名げっそり
会場に入りきれないカメラマニアが集まりました手(チョキ)

機種はX4と7Dで、5D以上はいませんでしたウインク


講師は清水先生わーい(嬉しい顔)
分かりやすく、本当にためになりました手(チョキ)

使っていない機能の再確認手(グー)
実写から学ぶ、構図と遠近感…
奥が深いですウッシッシ


まぁ、わたしの事ですからウッシッシ一番前の机番号一番で講習を受けたのは言うまでもありませんがウインク手(チョキ)
Photo_11
Photo_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 iPhone発売開始!!

Iphone ソフトバンクモバイルの新機種、アップル社の”i Phone”が本日発売開始となりました!

この時代に即した商品の発売となったため、空前の人気!

前日からの購入待ち行列は、数キロにもおよび、今の時代を表しているようです

持ち運びできる”モバイル”としての機能と、”音楽”の世界を広げる商品です

アップル社が、自社ブランドのパソコンに採用している機能も使い
使いやすく、親しみやすく・・・
希少価値に群がる人たちの”自慢話”が聞けそうですね

社会的にはどうでしょうか?

孫社長の言われる”モバイルの世界革新”に至るのか?

以外に気になるのは”月の使用料金”です
機能満載なのだから”仕方ない”と思うか”高いから考える”となるのか
若者はじめ、”新しい物好き~日本人”が、どこまでこのブームを維持できるか?

機能の中でも一番気になるのは”電池パック内臓”という部分です
今の電話でさえ”予備”を必ず持っている時代・・・
電池が無くなったら、機能もくそもない!

ここは、孫さんに提案・改定していただき、使いやすい商品への進化を期待しています

docomoの今後の対応次第では、併売もあるとか??

きっと、日本人は”良いものはより良く!”という形で、研究開発してくれると思うので
今後のモデルにも期待大です!

ソフトバンク、孫社長の”異端児旋風”を消費者は期待しています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TU-KA ありがとう!

とうとう、携帯電話のメーカー ”TU-KA” が、携帯業界撤退です・・・

P_brandidentity

無線電話業界の規制緩和の波に乗って”新規事業で携帯販売をはじめよう!”
と言う、その当時勤めていた会社の方針で手にしたのが、SONY製の携帯電話でした

Sony

当時、誰も携帯電話がこんなに一般化するなんて思ってもみませんでしたが
勤めていた会社の社長の”先見の目”があったのでしょう ( ^ ^ )

しかし、当初社員でも¥130、000もした代物・・・
そう、やすやすとは購入はできません!
が! 当時、会社が実績を作るために”社員特価!”と言う名の元に
”分割購入!”(要するに、給料天引き3回払い)で手にしたのです

どこにいても、会話ができる・・・
これは、その当時はすごいことであっても、必要なことか?と言うと疑問符でした

必要ならば”会えば”よかったし、まだ、ポケベルが全盛のころ・・・
無用の長物扱いでしたが、だんだんと”ステータス”に感じ、人にアピールしてみたり -^;;)チラ

何か”アホ”みたいだけど、気分は良かった!

電車の中や、人通りのある街中で、携帯片手に闊歩してみると?
”注目の的”だったのを、鮮明に覚えています

あれから14年半!

News_ayu

一時は、”浜崎あゆみ”を起用して、拡販に努めていたTU-KAも、
今は・・・
一時代の”思い出”になってしまいました

かたくなに使い続けてきた”オーナー”としては、最後まで手放すことなく
2008年3月31日を迎えました

Tt51as

Image01

時に、コンサート会場や年末年始の”携帯総動員時間”でも”快適に繋がる”携帯人生に
終わりを告げ、番号ポータビリティーにて”最新携帯”に交換しました

今思えば、携帯と共に得られた”経験”や”体験”は、私にとっては貴重なものです
携帯の契約件数が1億を越え、一人一台、いや、一人一台以上の携帯保有数・・・

DoCoMo au SoftBank に代表される携帯業界 (・_・)ジ--

そのハザマで頑張ってきたTU-KAに、感謝の言葉を贈ります

ありがとう! 

Ayu1 Lismo_wp_01_1024x768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯会社激戦!!

Photo_249 昨日、携帯電話の番号ポータビリティーが施行されました。番号そのままで、携帯会社を換えられるといったサービスですので、今までドコモがいいな~。。。auがいいな~。。。ソフトバンクが。。。。Tuka???(無いか・・・・)と思っても、電話番号が変わってしまうので二の足を踏んでいた方も多いと思います。しかし、今回、競争力を高めるために法改正が行われ、昨日の施行となったのです。。。現実は得か?実際に番号ポータビリティーを利用したことを考えてみます。携帯番号は変わりませんが、メールアドレスが変わります。手数料も解約・契約でかかります。電話代も最新機種であればかかります・・・・ん?本当に得なの???携帯の普及率は80%を超えて、今は一人一つの時代になりました。個人を特定するのに、携帯は必需品です。凄く便利なものですが、問題もいろいろあります。社会がこの便利なアイテムを過剰にあおり、経済効果を狙っているところは無いでしょうか?一昨日のNTT東&西日本の、ひかり電話のサーバートラブルも技術が社会の動きについてきていないから起こった現象です。リダイヤルによる発信数が雪だるま式に膨らむ「ふくそう」状態が原因です。プレミア・コンサートチケットを取るときに、よく起きますよね?一回かけてもかからなければ、リダイヤル!その数が増えていくから、回線が許容能力を超え、パンクするんです。加入電話と変わらない!という触れ込みで私も契約しようと思っていたんですが、もう少し考えようと思います。携帯会社の体力も今回試されます。今回、もし各携帯会社のシェアが激変したら???契約件数の増えた会社は、サービスが充実し減った会社はサービスが出来なくなります。まだまだ、問題が多いこのサービス・・・・私は、未だに快適に繋がる「Tuka」で、傍観している毎日です ^0^ Photo_250 Photo_251 Photo_252

| | コメント (4) | トラックバック (5)