« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

あげまん!に出逢ったことありますか?

Photo_3

人生の中で、オトコが運気を一気に変えられる出逢い・・・

そう!

”あげまん”との出会いです!!わーい(嬉しい顔)


皆さんは、出逢ったことありますか??

人生は出逢いによって変わるもの・・・


あげまんについて、気になることもあったのですが
こんな記事を見つけたので、納得~!!って感じです


「あげまん」や「さげまん」の「まん」ってどういう意味なのだろうか? 「あげ」は運気が上がる「上げ」が由来だろうし、「さげ」も「下がる」が由来だろう。それなら「まん」の由来って何? スーパーマンの「マン」や、スパイダーマンの「マン」と同じような意味だろうか? それならば「あげうーまん」じゃないと変だ。も、ももも、もしかして「まん」の意味って……。

そう、「あげまん」や「さげまん」の「まん」は、「間」という字が由来であり、「運気」や「出会い」、「巡り合わせ」という意味を持つ言葉。つまり簡単に説明すると、「あげまん」は「より良い巡り合わせ」という意味であり、「さげまん」は「不運な巡り合わせ」という意味になる。

「あげまん」をテーマに作られた映画『あげまん』はヒット映画として有名だが、実際に「あげまん」や「さげまん」といわれる未知のパワーが存在するのかどうかは不明。ただし、男性と女性の相性により、お互いを高めることができるカップルはいると思われる。そういう意味では、「あげまん」な女性がいると言ってもいいかもしれない。



勉強になりますねぇ~♪ \(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SIM DRIVE!

Simdrive

昨日、慶応義塾大学の清水教授が立ち上げた
”SIM DRIVE”の具現化が発表されました

http://www.sim-drive.com/

京都大学と鳥取県が”JT跡地”の売却地を有効利用するため
”革新型蓄電池先端科学基礎研究事業”を推進する為
この地を利用して、車の生産を始めます

https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/FA/nedokouboplace.2009-03-18.0619118972/nedokoubo.2009-03-18.1081140727/

産学連携の企業です

当初は年間1000台程度の生産ですが、
近いうちに10万台生産体制に移行する予定です

いよいよ到来する”電池自動車時代”ですが
当社も乗り遅れないように、柔軟に対応していきます!

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2030年エネルギー基本計画案!

Photo
何じゃ?

国の2030年までのエネルギー政策の指針が経済通産省から発表になりました。。。

原子力発電所14基新増設。。。

ありえない計画です。。。

自動車は、新車販売を全て次世代車輌販売として、
家庭での高効率の給湯器を全世帯の9割に採用、
照明器具は発光ダイオード製と有機ELに全て置き換え、
自動車の燃費基準を1リットル40キロメートルにして。。。

努力目標を掲げているのか、必達目標を掲げているのか
今すぐにでも取り掛かれる施策は実践していかないと
この目標は達成できません!

国内の環境ビジネスは大きく発展するでしょうから
今後が危ぶまれる業界は、いち早く対応したビジネスに
変革する必要があると思います

しかし、原発14基新設だけはありえない・・・

地球が、全て核に汚染される日が近づいているようで
非常に懸念します

核無き環境問題解決に向けて、産学連携で知恵を絞りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年 F1バーレーンGP 開幕!!

10

いよいよ2010年のF1GPが開幕しました!

待ちに待った、F1の開幕です!!

今年は、色々な話題と憶測が飛び交い、
F1開催自体の将来性まで気にかかるオフシーズンでした・・・

しかし、アロンソの電撃移籍、ミハエルの復帰、新規チームの参戦、
そして、可夢偉のザウバーからのフル参戦!!

開けてみれば、見所満載のシーズンになりました

今期は、ベッテルのシリーズチャンピオンも話題性の一部になっています

2

さて、注目の第1戦!

優勝は、フェラーリのフェルナンド・アロンソ
2位は、同じくフェラーリのフェリペ・マッサ
3位は、マクラーレンのルイス・ハミルトン
4位が、予選PPのレッドブルのセバスチャン・ベッテル
5位、6位はメルセデスGPニコ・ロズベルグ、ミハエルシューマッハー

日本代表のザウバーの可夢偉は、リタイアでした

ベッテルのエキゾーストトラブルが無ければ、順当の優勝でしたが
予選後にエンジン交換をしているフェラーリの2台が、
ノントラブルで1・2を決めました!

4

中盤までは上位3台(レッドブル&フェラーリ2台)は、
ほとんど同じペースで走っていました
続く、マクラーレンのハミルトンも遅れているものの
同じくらいのペースでついていましたので、
大きなトラブルが無い限りこの4台の戦いといったところでした

ベッテルの存在感は、非常に大きいと思います

9

負けん気の戦い・・・・・

今後が楽しみです!

次回は、オーストラリアGP、3月26日~28日です!!

11 3 8 7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »