« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

世界一の建物

Photo ドバイに世界一の建物が完成しました!

高さ828mの”ブルジュ・ハリファ”!!
(168階建、下層階アルマーニホテル、40~108階マンション、111~154オフィス、124展望台)

計画では、1000mを予定していたのですが、もしかしたら建設中に予算が足りなくなってしまったのかもしれませんね・・・ 。゚(゚ノ∀`゚)゚。

先月、ドバイショックが起きた時に、このまま新興国のバブルが崩壊し、世界経済をまたまた不用意に支配してしまうんではないかと心配しましたが、アブダビの支援で一旦は持ち直しました

しかし、負債金額の3分の1程度の融資なので、この世界一プロジェクトを含む、ドバイの観光事業関連やビジネスプランが軌道に乗らないと危険になります!

しかし、828mもある巨大な建物・・・

誰がどういう目的で使うんでしょうか?

最近中国が”アジアが地球の中心!”と良く発言しています

これは、非常に良い傾向ですが、その象徴になるものが不用意に高くなった建物や広大な敷地に建てられた、巨大な建物たち・・・

70年代辺りのアメリカのように”ビジネスモデル”がはっきりし、目的もしっかりしている”建物が、いつの間にか大きさや規模に象徴されつつあります

今後完成予定の、アメリカで建設中の
”1ワールドトレードセンター”
”シカゴ・スパイア”
が完成する前に、ブルジュ・ハリファは世界一を欲しいままにしています

まあ、私も一度はこんな高い建物で生活してみたいものですね (σ´∀`)σ

Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はおばあちゃんの葬儀でした・・・

今日は、私の母方のお爺ちゃんの姉の葬儀でした /(_ _)\

しかし、そのおばあちゃんの凄いのは、白寿目前!

そう、100歳間近の97歳での葬儀ということ! o(^-^o)

大往生ですよね!

3月がくれば、98歳になっていたおばあさんは、安らかに眠っていました

口癖は、泣いて涙を流している暇があったら、汗を流せ!

と言うくらいに、勤勉でしっかりものでした \(^o^)/

戦争を体験した明治生まれですから勤勉なのは分かりますが、戦争で旦那さんを亡くしてから、女手一つで4人の子供を育て、何不自由しない生活が出来たのは、その口癖にも表れているように、いつも働いていたからだと感じました /(_ _)\

私の家系は長寿が多く、ほとんどが90代以上まで健康に生活しています

私は、生活が不規則で精神的にも弱い?ので、何とも言えませんが、健康という当たり前の幸せを感じつつ、今年も元気に生きていこうと感じさせられる1日でした!

おばあちゃん、安らかに眠ってください・・・

お疲れ様でした・・・

そして、ありがとうございました /(_ _)\

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年が始まった!!

Ca3a0846

今年1年のスタートです!

お客さんたちに囲まれて過ごした2009年・・・

色々あった2009年から学んだことを、2010年に生かせるように頑張ります!!

皆様、今年もよろしくお願いいたします /(_ _)\

Ca3a0852 Ca3a0917 Ca3a0909

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキー!

18

今シーズン初めてスキーに行きました!

でも・・・

スキー場に人がいない・・・・

メチャ空いてる・・・

全国的にもスキー人口って減ってるんでしょうか???
冬のスポーツって、皆さん何をするんでしょうか???

現在の経済状態から、もしかして。。。
それどころじゃないよ!ってことなんでしょうか?

私は、仕事の一環として、タイヤの装着状況をいつも見てきます
タイヤメーカー別にどんなタイヤを選択しているのか、今人気のブランドは???
これ、結構勉強になります

タイヤを扱うものとして、現地調査は生きた情報ですから! (σ´∀`)σ

私がスキーを始めたのは、20代中盤からなんですが、始めた頃は凄い人気でリフト待ちが長蛇の列。。。なんてのは当たり前で、今のスキー人口の減少については、非常に驚きを覚えます。。。

5日から仕事始めと言う方も多いかとは思いますが、全国的に高速道路も¥1000と言うことで、まだまだ混んでるんじゃないかな??と思っていたので、肩透かしにあった感じです

しかし、そこは状況にはすぐに順応し、1日リフト券を購入!

結局、リフトに20回以上乗って元を取った!計算です!!

スキーを始めた頃には、1シーズン30回以上、北海道3回!
なんて、馬鹿みたいにスキーにはまっていましたが、現在は1シーズンで2~3回程度に落ち着きました

バッジテストも受けて、何か楽しかったなぁ~ \(^o^)/

でも今回は、どこを滑っても新雪に囲まれた状態で、満足でした~♪

16 17 15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状

10

毎日、年賀状が届きます \(^o^)/

日本人の素晴らしい習慣である、年始の挨拶・・・

今年一年、頑張っていくぞ!
とか、
昨年は、お世話になりました!
とか、
結婚しました!!
とか・・・・

いろんな人生を皆さんが歩んでいることを、知る機会 o(^-^o)

この習慣は、「1年に一度は自分の手で字を書いて挨拶する」という面でも、今後も続けていって欲しい習慣ですね

私・・・

返信、頑張らなきゃ!! 。゚(゚^∀^゚)゚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍城神社参拝!!

Photo

Photo_2

本日、地元の神社を統括する”龍城神社”に参拝に行きました!
http://home1.catvmics.ne.jp/~tatuki/

岡崎の地に生まれたからには、正月の三が日には訪れたい神社ですね o(^-^o)

今日は、高校2年生の姉の息子と2人で参拝に出かけました \(^o^)/

天気はまたも快晴!!

岡崎城の城下に位置する神社は、やはり初詣をする人たちで賑やかでした!

宮司さんには、12月31日、関山神社で開催した大祓いの時に、先年中のお礼をしましたが今日は今年もお世話になりますという挨拶をしてきました

宮司さんは、私が立ち上げた関山神社の青年部の時にも大変お世話になりましたが、これも私の父が長きに渡って交流をしてきたからこそと、父にも感謝しています

これで、私の神棚には、伊勢神宮、関山神社、龍城神社のお札が祭られました /(_ _)\

宮司さんからは、龍城神社の御下がりと伊勢神宮のカレンダーを特別に授かり、気持ちも新たに今年のスタートを切ることが出来ました

ありがとうございます /(_ _)\

会社に帰り、神棚の位置も変更し(いつも目に留まる場所へ部屋を変えました)心機一転!昨日練習をした”祝詞”を読み、新しいスタートを切りました!

今年は”挑戦”の年!

何事にも積極的に取り組み、自分から事を起こすように行動します

魅力ある事業を日々考えて、計画的に進めます \(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お伊勢参り!!

Ca3a0935 毎年、1月2日は”お伊勢さんの日”となっている、恒例行事!!
http://www.isejingu.or.jp/

お客さんたちと一緒に、初詣です!

日本に代々伝わる神道の中心となる”伊勢神宮”には、個々の人々の1年の健康と幸せ、また世界中の人々の平和、安心、安全を祈願してくるのが、年行事となっています o(^-^o)

今年は、私の会社が開業してからずっと”おつとめ”してきた神棚を一新し、伊勢神宮で言う”式年遷宮”とでも言うか、大きな区切りにしようと、夜明け前から”外宮””内宮”と参拝させていただきました /(_ _)\

毎年、朝3時頃に私の会社にお客さんたちが集まり、乗り合わせで現地に向かいます!

Photo_11 何故1月2日か?と言うと、1月1日は、氏神様に初詣する為です!

12月31日は、夜、紅白歌合戦が終了するまでには家を出ます (σ´∀`)σ

地元の氏神様は”関山神社”と言って、起源は”安倍晴明”に由来します
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%B4%E6%98%8E

私が発起人となって数年前に立ち上げた青年部が、年越しの振る舞いをしていて、豚汁やお神酒、福菓子、福銭、甘酒・・・・なかなか賑やかです!

Photo_12 Photo_13

数年前までは、町内の神社係りの方々が、お神酒と甘酒の振る舞いを交代でしてくれていましたが、生まれ育ったこの地の神社が、もっと人々の交流の場になれば・・・という思いと、地域の方々の健康祈願、不測の事態の防災や助け合いの心を育む為にスタートさせました o(^-^o)

今では、後輩達が毎年自主的に声を掛け合って、神社と言う場所を使って交流をするようになりました!

1月1日には、地元岡崎だけではなく全国的に有名な”徳川家康”の幼少時代の守り神である”龍城神社”の宮司さんに、関山神社の本殿内で”厄年のお払い”もしていただけるように活動をしています \(^o^)/
http://home1.catvmics.ne.jp/~tatuki/

1日は”家族の日”としても重要で、皆が集まり”お雑煮”を口にするのも恒例です!

1日の朝は、学区内にある”牛乗山”という山から、初日の出のご来光を拝みます
http://www5b.biglobe.ne.jp/~amada/yama-usinoriyama.htm

一畑山薬師寺と尾根伝いに移動できるので、隠れた初日の出スポットとして人が集まってきます!
http://www.sukima.com/26_meisou02_03/18ichibata.html
http://okazaki-kanko.jp/spot/kj1_00098.htm

前置きが長くなりましたが、2日は伊勢神宮の日としてプリンスでは、あまりに有名な時間になっています!

午前5時台には、外宮の”豊受大御神”を参拝し、内宮へ・・・
http://www.isejingu.or.jp/arukikata/geku-index.html

明け方前に車を駐車場に置き、日の出を五十鈴川の鳥居の前で拝みます! \(^o^)/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E6%B2%BB%E6%A9%8B_(%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E5%B8%82)

今年も天気予報に反して”快晴!”でした!!

その後、お札をお返しし、五十鈴川で手を清め、正宮での参拝!!

平成25年の式年遷宮まで、時間がもう無いので今の場所の正式参拝は貴重です!
http://www.sengu.info/index.html

その後、荒祭宮、風日祈宮と参拝し、今年のお札を授かりました /(_ _)\
http://www.isejingu.or.jp/pdf/illust-naiku.pdf

今年は、神馬にも会うことができ、気持ちも最高ですo(^-^o)

Ca3a0944

もちろんその後は・・・

おかげ横丁の活気あふれる商売を肌で感じながら過ごしました!!

毎年、和太鼓の音を聞きながら、新たな気持ちを持つと同時に、初心に帰る部分をここで感じます

Ca3a0950

午後2時。。。

帰宅についたのですが、今年は・・・・

大渋滞!!

2010010217070001

2010010216250000

苦しいときの神頼み?なのか、参拝される方が多いのと、高速道路¥1000の影響か、めちゃくちゃ渋滞していました・・・

午後2時に伊勢神宮を出てから、岡崎の会社に着いたのが夜9時前・・・

実に7時間を越える長旅になってしまった・・・

でも、そのおかげでお客さんたちとの会話や途中休憩の楽しさを味わうことが出来たので、これもありがたいことだったと感じています!!

早速、真新しい神棚にお札をお供えし、手を合わせました!(1月3日の本番に備え・・・)
(慣れない祝詞を、大きな声を出して唱えてみました!)

(祓詞)
掛(かけ)まくも畏(かしこ)き、伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)、筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の、小戸(おど)の阿波岐原(あわぎはら)に、禊祓(みそぎはら)え給(たま)ひし時(とき)に、生(な)りませる祓戸大神等(はらえどのおおかみたち)、諸諸(もろもろ)の禍事(まがごと)、罪穢有(つみけがれあ)らむをば、祓(はら)え給(たま)い、清(きよ)め給(たま)えと白(まお)す事(こと)を、聞食(きこしめ)せと、恐(かしこ)み恐(かしこ)も白(まお)す

(神棚拝詞)
此(これ)の神床(かむどこ)に坐(ま)す、掛巻(かけまく)も畏(かしこ)き、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、産土大神(うぶすなのおおかみ)、龍城神社の大神等(たち)の大前(おおまえ)に、拝(おろが)み奉(まつ)りて、○○○武司(※私の名前)、恐(かしこ)み恐みも白(まお)さく
大神等の広き厚き御恵(みめぐ)みを、辱(かたじけな)み奉(まつ)り、高き尊(とおと)き神教(みおしえ)のまにまに、直(なお)き正しき真心もちて、誠の道に違(たが)うことなく、負(お)い持つ業(わざ)に励(はげ)ましめ給(たま)い、家門(いえかど)高く、身健(みすこやか)に、世のため人のために尽くさしめ給えと、恐(かしこ)み恐みも白(まお)す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年、明けましておめでとうございます!!

Ca3a0932_2 新年、明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!!

今年は寅年 o(^-^o)

トラにちなんで、黄色と黒に照準を合わせて
製品の開発販売をして行きますね!!

社業としては”ありがとうございます!”という言葉の重みを感じながら
日々、精一杯の行動をしていきます!

交流と出会いを大切にし、人間力もつけていきます /(_ _)\

2010年と言う区切りの良い年ですから、
プリンスの新たな出発を練っています!!

楽しいこと、感動することを見つけ、一緒に取り組みましょう!!

Ca3a0874 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »