« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

HONDA F1撤退・・・

1_5 思えば、私がF1というスポーツに興味を持った時から、
HONDAとの関わりが強くなったのだと感じます

シビックレースに参戦すると言うことも、F1無くしてはトライしていなかったと思いま1_12 すし、
20年以上、1回も欠かすことなくライブでF1を見続けられたことも無かったと思うからです

1_6 世界最高峰のモータースポーツである”フォーミュラー1”!

正に、世界一です!

”速さ”というものは、人間にとって憧れのものです
人は、動物の中では大して俊敏でもなく、目を見張るスピードも持っていない・・・
しかし、人間には物を作り、操ると言う能力を備えることにより、
どんな動物よりも速く移動することが出来るようになりました

そのために、世界の頭脳と技術を持つ人々が、人種を超えて集い、
日々その能力を高めることによって、世の車社会に新風を吹き込んできました

しかし・・・

1_7 余りにも突然の”HONDA F1 撤退・・・”の知らせ・・・

世界を震撼させている”サブプライム問題”により、一流と言われる企業までも
自社の体力を奪われて、経営の危機に陥ってしまっています
今後も、この問題は続くでしょう・・・
日本では、まだ始まったばかりなのですから・・・

HONDAの決断は、賛否両論あるでしょう

私も、非常に残念です

1_8 でも、現在のF1という世界の持つ将来性に疑問を唱える方々も多数います

世界の自然環境問題は、
サブプライム問題なんて問題にならないほどの”人類の危機”を予感させています

今、時代に即した投資・開発を企業がしなければ
どんどんこの問題は進んでいってしまいます

”本田宗一郎氏に聴く・・・”

今、あなたならどう決断しますか?

1_9 福井社長は、企業経営者として一流なのは周知の事実です
しかし、”夢” ”希望” を無くしてしまう、自社の社員、
鈴鹿はじめHONDAに関わっている市民や日本国民に対して
十分な説明をしたかというと、疑問は残ります

それどころではない!

と言うのは、日本中の企業が抱えている問題です

”夢” ”希望” を発信している企業であれば、
今後のHONDAの行く末に”新たな希望”を持てるような発表も欲しかったです

今、HONDAが持っている技術力は、世界でもトップレベルにあります

1_10 この技術力を生かし、5年後には
”電気、モーターで動く、次世代F1開発”をします!
とか、有言実行でコメントすれば、スポンサーも集まってくるのではないかと思いました

1_11 「策無くして、夢失う」姿は、
”将来、F1ドライバーになりたい”
と思って、努力している子供達にとっても、余りにも厳しい洗礼だと感じました

厳しいときこそ、努力目標を掲げて社員一体で頑張らなければ
”その他の企業”と一緒になってしまうと思います

もう一度聴きます!

本田宗一郎氏なら、どうしますか?

きっと、”5年後、10年後にも、ホンダが一流である為に”渇を入れると思います

HONDAスピリットを、後世に残す為に、今後の経営計画に期待です!

ちなみに、現在、日本の企業家の中で
”電気F1レース開催”を真剣に検討し、実際に開発をしているところもあります

最高時速380キロ、太陽電池パネルを身にまとった姿は”次代”を感じさせます

私も、そのプロジェクトに関わっています

負けない!

いつまでも”子供達に夢を持ち続けてもらう為に・・・”頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年末、日本の行く末は?

1 皆様、元気にお過ごしでしょうか?

日本の政治が予断を許さない状況になり、正に世紀末・・・
麻生総理の「危機管理意識の欠落」は、一般人との生活レベルの違いがモロに反映された結果だと感じます

日本の政治は、政治家自身が「日本のために」「日本国民のために」という、純粋な愛国心を持った活動をし続けなければ、ただの税金泥棒に成り下がってしまいます

1_2 金持ち政治の「負の財産」が、今まさに国民一人ひとりに降りかかってきています

相次ぐ、一流企業の経営計画の見直しと、リストラ・・・
一般国民にとっての「幸せ」は、今の時期に例えれば、「安心、安全、健康」に年越しが出来る生活ですよね!

1_3 地元トヨタ自動車の6000名の契約社員のリストラ・・・
御手洗経団連会長の会社、キャノンのリストラ1100人以上・・・
日本IBMにおいては、正社員1000名以上、最大2000名のリストラ・・・

自動車会社関連の裾野は広く、下請け企業まで入れると、3~5万人は、平和に年越しが出来ない状況になってしまいました。

1_4 アメリカを基点とした”サブプライムローン”が起こした”世界経済の破綻”は、今始まったばかり・・・
口を開けば「ヤバイ」「苦しい」「先行きが見えない」など、どこをつついてもいい話題はありません

なのに、国の危機をコントロールしなければいけない「政治」は、来年までゆっくりと餅つきと言った感じです

許せますか?

納得できますか?

2008年度末までに、第2次補正予算を提出?
それって、3月でしょ?

法人の決算は、9月か3月が多いけど、個人事業主は、12月が決算じゃ!

物も売れずに、活気も無くなり、不安と失望感で年越しかい??

麻生総理を擁立した、自民党の責任は重いよ!

どう見たって、優秀な政治家とは言えないでしょ?
一日も早く、経済対策をして欲しい今日この頃です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »