« F1ヨーロッパGP~バレンシア | トップページ | もうひとつの金メダル! »

東海豪雨の爪あと・・・

Photo 29日未明、愛知県岡崎市を襲った「ゲリラ豪雨」の猛威は、岡崎全土はじめ、西は名古屋、一宮、東は豊川、豊橋まで・・・
そう、愛知全体を呑み込んでしまいました・・・

http://www2.city.okazaki.aichi.jp/index.html

朝、1時過ぎから3時近くまで続く自然の猛威により、死者1名行方不明者3名を数え、床下浸水400棟、市全体17万世帯37万人に緊急避難勧告まで出ました

自衛隊への救助要請が朝3時に発動されたときは、1~2秒ごとに雷が鳴り、さながら「戦争の爆撃」のようでした・・・

Photo_2 私の会社の近くに、報道機関に取り上げられた「落ちた橋」があります

岡崎市美合町にあるこの橋は、名古屋鉄道本線沿いにあり、町民の生活に対して重要な意味を持つ道路にかかっている橋でした

実は、私もこの橋が落ちてしまう数分前にここを通りました・・・

Photo_3 車でしたので、あまり気にせずに通過したのですが、まるで「とおりゃんせ」みたいですよね キャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノミ☆(;>_<) バシバシ

1時間で146ミリを超える降水量を記録し、正にバケツをひっくり返したような豪雨というか、バケツの中に入ってしまったような雨でした・・・

8年前の「東海豪雨」を思い出します

8年前の9月11日・・・・

Photo_4 目を疑うような姿が目の前にあった記憶が、また思い出されます

車や家が水没し、中には車が浮いているような状態・・・

あの時も私は、夜、友達の「美容院」で髪を切ってもらっていました
凄い雨だったのを覚えています
夜、その美容院の営業が終わってからの、お友達散髪だったので、時間もかけておしゃべりしながらの楽しい時間だったのに、帰宅するときに目を疑うような状況に体が凍ってしまいました ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

私のスカイラインGT-Rは、車高も下がり、水没の格好の餌食になってしまう可能性がありましたが、見れば数メートル先からは少し高台になっていました。待つも地獄、進むも地獄・・・・トライして進みました。何とか車内への水の浸入を受けることなく脱出!

Photo_5 しかし、岡崎市内はありとあらゆるところで車が浮いていました・・・

道を頭の中で検索し、できるだけ水の影響を受けないところを目指して走りました

何とか、通常の2.5倍の時間と、3倍以上の道のりををかけて自宅まで帰ったことを覚えています

自然の前に、人間は無力です!

災害時のシュミレーションを通して、地域の助け合いの訓練をするべきだと思います

Photo_6 くしくも、9月1日は「防災の日」です

関東大震災、阪神大震災が9月に起きていることも見逃せません!

ジュセリーノ東海地震予言も、9月13日・・・

この自然の警告を見逃すことはできませんね!

|

« F1ヨーロッパGP~バレンシア | トップページ | もうひとつの金メダル! »

「自然 宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55590/23341952

この記事へのトラックバック一覧です: 東海豪雨の爪あと・・・:

« F1ヨーロッパGP~バレンシア | トップページ | もうひとつの金メダル! »