« 地球温暖化の責務・・・ | トップページ | パンダの伝えたかったこと… »

道路特定財源再可決 (--メ(怒)

Photo 4月30日、日本は揺れました・・・

3月末で、”道路特定財源”が一旦白紙に戻りました
国会で民主党が審議拒否をしたためで、通常の期限(10年固定)を延長できず
暫定税率が撤廃されました

レギュラーガソリンが、約150円から25.1円のガソリン税を抜いた125円~130円近くに下がった

これは、経済効果としては非常に大きな出来事でした

Photo_2 誰もが、「良かった!」と感じた出来事ではないでしょうか?
しかし、あれから1ヶ月・・・
国民の思いを蚊帳の外に、国会で再可決された特定財源が
5月1日にほぼ90%のガソリンスタンドで実施されました

目を疑うような長蛇の列・・・あ
こんな結果になるとは、予測もしなかったのですが強行採決は実施されました

私が非常に気に入らないのは、
「目的が国民に理解されないままの法案採決」です

「伝家の宝刀」なんて、おちょくっている言葉で表現するのは嫌ですが、
参議院の否決を受けてから、衆議院で3分の2の賛成多数で再議決・・・

Photo_3

「郵政民営化」で沸いた、小泉内閣の負の遺産・・・
国民は、小泉内閣にいろんな期待と夢を託していました

しかし、現実には皆が予想したとおり郵政民営化も
「弱者いじめ」に陥り、田舎はより疲弊した地域になってしまいました
今後も心配が続く、簡保保険の信用性の欠如、郵便物の郵便費の高騰、
郵便貯金の今後・・・

その、小泉内閣の作った「平成のお国改革」も、良い部分はいいですが
その後受け継がれた安部内閣で強行採決した「後期高齢者保険」の問題
特定財源の根拠無い増税の仕組み・・・

皆さんは、今始めて聞いたことであると感じているでしょう
しかし、政治に疎い国民が今こそ自身の問題として国政を見なければいけません!

Photo_4 Photo_5 Photo_6

自分を守り、仲間を守り、地域を守る!

この気持ちをしっかり持って「国民一人一人が」世の中を作り上げない限り、
今回のような「騒動」は、繰り返しますし今後もどんどん湧き上がってくることでしょう

ガソリンが、これまで国の都合で「集金」されていることが分かっただけでも救いです

余分な税金を取ることだけを討議する前に

「必要な税金を納得して払える社会の仕組み」を皆で考えましょう!

|

« 地球温暖化の責務・・・ | トップページ | パンダの伝えたかったこと… »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55590/20720902

この記事へのトラックバック一覧です: 道路特定財源再可決 (--メ(怒):

« 地球温暖化の責務・・・ | トップページ | パンダの伝えたかったこと… »