« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

世界陸上in大阪!!

Photo Photo_2 「世界陸上 in 大阪」が2007年8月25日に開幕し9日間のスポーツイベントが世界を沸かせています!!皆さんも、毎日感動の時間を過ごしていますか? (∩.∩)

世界のトップアスリートが参加し、1000分の1秒の世界で戦っていますね !
皆さん!テレビ見てますか?それとも、観にいきましたか?
私も時間が合えば会場に赴き、このライブの「空気」を感じたいと思います !

Photo_11 Photo_12

不思議と日本人は、こういうスポーツの祭典には興味を持ち、盛り上がります!!
しかし、今回会場が大きいからか空席が目立ってしまうのは仕方ないことでしょうかね・・・

まあいずれにせよ、この日本国内(大阪)というごく近い場所で世界大会が開かれることは感動ですね ^^v

昨日の室伏選手の活躍はじめ、100M朝原選手35歳の挑戦、10000M福士選手の不屈の精神、幅跳び池田久美子選手の笑顔・・・Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6


外国勢の底力も見ました・・・
女子10000Mのディババ、男子10000Mのベケレ、女子100Mのキャンベル&ウィリアムズ、男子100Mのゲイ&パウエル・・・感動です・・・

Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10

今後の選手皆さんの活躍を期待して、今日もテレビ観戦します (∩.∩)!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

戦後62年・・・これからの日本について考える・・・

Cimg06901 太平洋戦争が終わり、62年が経ちます・・・

当然、私達は戦後世代なので「戦争を知らない」年代です

両親も子供の頃のことで
「ほとんど覚えていない」か「思い出したくない」
記憶になっています

私達は、体験していないことを後世に伝えていかなければなりません!

戦争が幸せな生活を恒久的に維持・発展させていくのに
「絶対に必要」と言うものでないことは誰もが知っています
医療の発展や一部の産業革命にはなったかも知れませんが
その代償は計り知れない犠牲の元に得たものです

Cimg06351 また、多くの犠牲の中で得た今の平和な生活を
「自分だけの努力で過ごせている」
とは、決して思ってはいけないし、命を粗末にしてはいけないことも
子供たちに伝えていかなければいけません

今国会では
「憲法の見直し」
が検討され始めました。

「平和憲法」として世界から認められている日本の憲法を
見直す時期が来たと皆さんは思いますか?

確かに時代にそぐわない(矛盾)部分もいくつかあると思います
アジア経済の台頭により、「世界地図の中の日本」という国の存在が変化し
見直すことは多いでしょう

しかし、戦後62年かかって国民に浸透してきた
「主権在民」「人権尊重」「非戦主義」の上の”民主主義体制”は
必要不可欠な考えであると思います

日本に原爆が落とされた事実と体験は消えない記憶です!

今日、広島で「平和記念式典」が開かれます

今一度、平和とは何なのか?
この平和な世の中をどう継承していくのか?
子供の世代に残してあげられる平和とは何なのか?

家族で、少しでも話題にしていただきたいと思います・・・

Cimg0725 Cimg0719 Cimg0655 Cimg0702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来たぞ!来たぁ~♪

やっと来ました!待ちPhoto に待った今年のF1のチケット!
鈴鹿サーキットの”パドッククラブ”や”オフィシャル”なども経験し
F1に20年間携わってきた私としては、今回のチケットを手にして
「これでやっと、21年目のF1ライフが始まる」という気分です (´`)ホッ・・・

去年までの地元三重の「鈴鹿サーキット」から静岡の「富士スピードウェイ」に開催地区が変わることが判明し、「今までの形」でのF1観戦スタイルが一新されてしまいました。
これは、私にとって非常に大きな「事件」です (; ̄◇ ̄)ウッ

http://www.fsw.tv/

私の会社の所在地「岡崎市」は、くしくも「富士スピードウェイオーナー会社」トヨタ自動車が隣接する位置関係にあり、いつも情報が飛び交っていますので、
F1参戦の経緯から、富士買収の噂までかなり前からささやかれていました。

Photo_2

しかし、現実に富士買収したのはいいですが、F1開催までもトヨタが独占しようとは思いもよらず、「F1ドライバーが個人的に好きなサーキットNO1!」の鈴鹿が、F1カレンダーから消えた時に、「ウソ???」と思ったのを覚えています

http://www.toyota-f1.com/public/jp/index.html

http://www.honda.co.jp/F1/

しかし、現実はトヨタの戦略である
「世界にトヨタブランドを知らしめる」
という行為に、非常にメリットのある投資です

アメリカ市場を考え「カート」というカテゴリーにホンダと共に参戦するトヨタ・・・
先見的な目があったホンダに比べ、内需を基本線(トヨタ社員もいい市場です)にしていたトヨタは、ホンダのアメリカ市場での台頭に目をつけました。エンジン性能・スタイリング・維持費・購入価格・・・・どれをとっても、アメリカ人にとっては「目からウロコ」状態で、「日本車=ホンダ」という方程式までできました。土台は、ホンダが作ったんですね ^^

ヨーロッパ市場は、ルマン、WRCというカテゴリーで知名度を計ったトヨタでしたが、実際には「トヨタブランドの知名度」は、数%に過ぎず、ヨーロッパの市場での苦戦は変わりませんでした。メルセデスやBMWといった老舗が、ヨーロッパの市場を独占して、コンパクトカーもルノーやフィアットなどに押されていたのが、数年前までのヨーロッパ市場です。

http://www.lemans.org/24heuresdumans/pages/accueil_fr.html

起死回生を計る思いで取組んだヨーロッパ対策・・・・
そう、世界最高峰の自動車レース”F1”です。このモータースポーツはヨーロッパ色が非常に強いスポーツですが、世界中にその知名度があり、ここで結果を出すのは「正に世界ナンバー1!の称号を手にする」のです。毎年トヨタがF1に対し600億円を越える「宣伝広告費」を払っても、トヨタが世界に与える影響は、その他のどんなカテゴリーよりも実になります。後は、結果が待ち遠しいですね (・_・)ジ-

F11

「富士スピードウェイ」での”F1開催”は1976年1977年に、日本で初めて開催されました。しかし、ジル・ビルヌーブ(フェラーリ)が観戦中の観客に突っ込み死亡事故が発生したため、やむなく日本でのF1開催はなくなりました。あれから、30年!全面改修された富士は、テクニカルでドライバーの力量が試される非常に内容の濃いレイアウトになりました!

私もGT-Rで走りましたが、先回のコースとは最終セクションが非常にテクニカルで車とドライバーの力量が試されます。旧コースでは、1分43秒台の私も、新コースでは、1分50秒かかってしまいます・・・ν(´`)υオーノー

1 F11_2 1_2

今年のF1で、コースレコードが出ると思いますが、期待大ですね (∩.∩)

私は、沼津からシャトルバスでの観戦に出かけます!
指定券で観戦するのは、鈴鹿の一桁開催時以来です・・・・
近年は、100名分以上の自由席の場所とりをしていたので、久しぶりにゆっくりできます。というか、指定券でなければ「徒歩・自転車・自家用車の会場入り不可」という条件に対応できず、やむなくの結果です・・・・。・゜゜・(>_<)・゜゜・。ビエェーン...

富士が、もっと交通手段を考え、地域住民の方々に昔の二の舞にならないような「安心」を与えられるような「トヨタの対策」に期待します!ホテルもないし、交通手段も渋滞必至、会場内も自由席の席取りが毎回戦争になりそうで・・・・・金持ちの観客重視にならないことを祈ってます(一部、学生などは格安チケットありのようですが・・・・)

F1事業は、経済効果が100億円以上!
みんな躍起になります。箱根や富士近辺、山梨方面・・・・みんな、頑張ってくださいね!

富士スピードウェイが1966年にできて41年が経ちました!
歴史に残る、新しい近代サーキット初代チャンピオンの姿をこの目で観て来ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »