« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

参議院選挙の意義!

Photo_327 皆さんは、参議院議員は必要だと思いますか?

「衆議院」「参議院」という国政をつかさどる
2つの議会・・・

今、衆議院は国政の中心にあり、毎日のように
議会運営をしています

しかし、自民党はじめ政党間の主張は対立するばかり・・・
国政をするものは、地域(地方)を代表した者が
国づくりをする場において、国民一人一人が
文化的で健康に、暮らせるための「策」を話し合います

しかし、野党は自民党のあら捜しをし
与党(自民党)は、「お前達もやってるじゃないか!」と返す・・・

は??

そんなことで、年収3000万もの給料をものにし
贅沢三昧です。。。
国民から徴収した税金を食いつぶしているとしか言えません

Photo_329 一昨年、とある国会議員が補欠繰り上げ当選しました
家賃数万円のボロアパートから、国会議員宿舎へ移り
国会議員のメリットを全て使い尽くしています

そのメリットを使い、国政に取組んでいますか?
幸せな結婚生活はいいです(個人的な幸せですから勝手にどうぞ!)
しかし、あなたは何のために国会議員になったのですか?

政界のサラブレッドという触れ込みで、小さい時から恵まれた生活をし
資産家の奥さんと何期も国政に携わっている人も沢山います

そんな人が、社会保険や消費税が生活に凄く関わっていることを
知っていると思いますか?

「料亭」通いに、地元に帰れば「先生」として手厚く扱われ・・・

おかしいと思いませんか?

Photo_330 その昔、「お伊勢参り(おかげ参り)」は、村の代表が一生に1回行けるかどうかという旅をして、村のみんなの幸せを願いました
村の皆から集めたお金で、伊勢参り・・・・
それは、非常に責任の重い勤めです!

皆は村に残り、自分たちの思いを託す!

今の政治家に、しっかり歴史を振り返って欲しいと思います!!!

選挙の時にだけ地元に帰り、当選するために住所を他県に移したり・・・
何でしょう???
本当の政治をしない人を選ぶ選挙・・・
必要ですか?

今回の参議院議員選挙は、衆議院が可決した議案の賛否を問うのみの機関です

恐慌や天災で衆議院が運営不可能になったとき意外は
本当の討議機関では無いんです・・・(要するに予備です)

この機関の議員の給料や生活に多大なる税金を払う必要があるのか?
もっと、地元に戻って地域の意見を中央へ上げるための
地域密着型の政治をしたほうがいいんじゃないでしょうか??

地元の政治家が誰なのか?
何をやろうとしているのか?
どれだけの実行力があるのか?
本当に、地元民のことを考えた活動をしているのか?
活動に見合った給料をもらっているのか?
中央で行われている政治が、ぶれていないのかをしっかり監視しているか?
・・・・・・・

やって欲しいことは腐るほどあるのに
政党政治の悲しい部分である(第1党になるための活動)活動しかしていません

こんなことでは、世界に対抗できる
「意思統率が強い国」
「手本になれる国」
「世界平和を率先して出来る国」
なんて、夢芝居になってしまいます

「美しい国、日本!」
安倍総理は、国民の前で約束しました!

国民が直接総理に対しての意見を述べられるのは
「選挙」しかありません!
国民が、今の政治に納得していないのであれば
投票所に赴き、審判すべきです!

参政権とは、国民一人一人に与えられた権利です!

今、本当に真剣に国政に付いて皆が考えなければ
きっと、数年後には日本という国事態が
世界地図から消えてしまうでしょう。。。。

何処の政党を支持してもかまいません
しかし、選んだのであれば
「必ず自分たちの主張を実行していただきましょう!」
国会議員は、国民一人一人の気持ちの代弁者なのだから・・・・

考えましょう!みんなで・・・

Photo_328

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうなる!日本!!

Photo_323 日本が、今揺れています・・・

1国の首相の采配がここまで国政に影響があると、
やはり国民が一人一人真剣に
「自分の暮らす環境作り」
を、しなければなりません!

今の政治不信は、国民にも責任があります
他人事、無関心、無力感・・・
そんな国政に対する姿勢が今の世の中を作っているのです

政党政治に頼る「数の暴力」は、
「本当の意味での幸せ」を皆さんに与えていますか?

Photo_324 最近の余りに横暴な「強行採決」を見ると、
戦前の危ない思想が出てきてもおかしくないと思ってしまいます
与党の数が多いことに対して私も一人の国民としては反対はしませんが
余りにも勢力を持つと、人は天狗になってしまいます

「郵政造反組」とうたわれた旧自民党議員たちも
「時間が経てば寝返ってしまう」構図が、国民の期待を踏みにじっていきます

「力でねじ伏せるだけの実力」=「与党の衆・参現職議員数」を持たせてしまっていることが全ての現況です

どうでしょう?

皆さんは今、衆・参議院議員の与党(自民党)が数が多いことでメリットを感じていますか?

重要法案は、自民党だけで決めています!

これは、国会という国政の最高決定機関では、国民皆の意見を聞きいれ、過去・現在・未来について、恒久的な平和を享受し、安定した文化的な生活を保障し、国民全てが夢を持ち続けることが出来るように、しっかりと舵取りをする機関であり続けなければならないのに、自民党員にならなければ意見も述べられないということです

Photo_325 自由民主党が法案の骨格を作り、野党の質問や別の切り口によってもたらされる意見から生まれる「国益」を本当に実践しているのでしょうか?

野党も、実に情けないと言わざるを得ませんが、数が少ないということで「内閣不信任案」や「現職大臣の過去のあら捜し」「法案の即時否定」に終始したり、「失言」に対する責任追求しか出来ません

実に、悲しいかな・・・
本当にこれで日本は大丈夫なの?
と思ってしまいますよね??

これならば、誰が政治をしたって同じレベルならば実践出来てしまいます・・・

知識や教養があると思われるから、皆が「政治家の○○先生」とまで語尾につけるのでは無いでしょうか?

その「先生」とやらから、何を私達は学んだらいいのでしょうか?

将来を背負うのは、私達若者です
今、目先のことしか(特に自民党はじめ、野党の方々も参議院選か?)目に入らない人達に、年金問題や教育問題、自衛隊の存在意義・・・
任せられますか?(強行採決されましたよ!!)

5年後10年後に、中国やインド、韓国や台湾などアジアの国々は台頭してきます

Photo_326 今、6カ国協議でさえ、「日本外し」がされている状況です
お金があるから、世界が見放さないだけです!
先人が築いてきた「技術」があるから、今それを消化して生きているだけです!!

資源に乏しく、自給率も低い日本が、世界をリードできるのは
勤勉さとものづくり社会が根付いていたからです

海外に技術を輸出するのは、目先の利益にはなるでしょう
しかし、何十年何百年かかって日本人が築き上げてきた「宝」が
いとも簡単に「コピー」されていきます

今本当に、皆さん達自身の現在の生活を将来も続けて行きたいならば

「無関心にならない」

「自分自身に直接関わってくることである」

「気力を持つ」

ということが、必要ではないでしょうか?

今、日本は経済的にも裕福です
しかし、いつ何時、手のひらを裏返すように経済恐慌に襲われるかも知れません

政治家選びと経済情報獲得は、皆さん自身の気持ち一つです!!

多数決で決まる日本行政のシステム、強いものが勝つ資本主義社会・・・・

皆さんの「厳しい目」で見守り、皆さん自身が「主体者」となって意見して欲しいと思います!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »