« 今日は夏至・・・ | トップページ | 4年後はオシムジャパン??世界を観る・・・ »

世界の壁は高く、王者はやはり強かった・・・

Photo_92 日本、完敗です・・・さすが、ブラジルというか恥ずかしい感じ・・・日本の選手はそれなりに頑張っていたのだろう。実力の差を感じたのは、当の本人たちのが大きいに違いないから・・・よくやった!とは、あえて言わない。イージーミスは、実力の差ではないし、ボールに対する執念に関しても、技術の問題ではないのだから・・・パス回し、試合の組み立て方、正確なボールコントロール、仲間に対する信頼・・・・どれをとっても敵うところが無い。。。Photo_93 また、ジーコ監督の策も見えてこない今回のワールドカップだった。何をとっても、勝てない条件が多すぎた。名古屋グランパスの玉田のシュートを見たときに、日本中の歓声が聞こえてくるようだったが、ロスタイムのロナウドのヘディングシュートでまた、日本中の意気消沈したため息も聞こえてくるようでした。中村の評価が海外で高いのが、私は分かりませんでした。フリーキックの技術のみであれば分かりますが、チェックの厳しいワールドカップの場では、焦りからミスパス、ボールコントロールの未熟さが目立った。稲本の気合は、海外でも通用すると思います。中田も、思ったほどボールコントロールが上手い選手ではないと感じました。サントスのドリブルが、唯一の”足”を使った攻めに見えました。Photo_94 玉田とのコンビは、磨けば光るように感じます。総じていえるのは、個人技の中で”ドリブルの突破力!”が、試合の組み立てには必要だということです。正確なパス回し(大きく攻める)で外から攻めるのと、ドリブル(小さく攻める)の中央突破力。交互に使ったり、適時組み立てていくことにより、敵のミスやチャンスを見つけることができる。一辺倒な試合運びだと、カットも容易にできるし掴みやすい。まずは、体力とドリブルが日本の技術的な課題。また、何度も繰り返す”メンタルな部分”の鍛錬。ロスタイムに点を取られる過ちを、何度繰り返せばいいのだろうか?気を引き締める!!最後まで”攻め”の気持ちを持て!!これは、監督がしっかりと管理しないと出来ないと思います。4年後までの課題は、山積みです。監督の選定がかなり重要になると思います。今注目は、ベンゲルとか言われてますが、私は”ヒディング・ジャパン”がいいかと思います。Photo_95 韓国、オーストラリアをここまで育てた監督。学ぶところは大きいかと思います。個人技は勿論、メンタル面の習得には”熱い人!”がいい。多分、今回も2期連続で”トルシエ監督”が就任していたら、もっと変わっていたかも知れません。4年後を見越した教育は目先の目標。8年後まで視野に入れなければ、常勝チームにはなれません。ジーコ監督の作った南アフリカへ向けての選手作りは???ですから・・・4年完結ではないチーム力を期待します。日本にとって今回のブラジル戦が良い経験になれば、何にも代えがたい収穫になるのだから・・・^0^

|

« 今日は夏至・・・ | トップページ | 4年後はオシムジャパン??世界を観る・・・ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55590/2339754

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の壁は高く、王者はやはり強かった・・・:

« 今日は夏至・・・ | トップページ | 4年後はオシムジャパン??世界を観る・・・ »