« 人の命の重さとは・・・ | トップページ | ドイツ、ベスト4!! »

やはりイタリア・ウクライナも僅差です!!

Photo_105 ワールドカップ、やはりトップチームの実力は僅差ですね^0^イタリアの試合もオーストラリアとの実力の差があるようには見えませんでした。試合を観戦していた人の表情からも、リッピ監督の言うような”余裕”が感じられなかったのは、オーストラリアの躍進(ヒディング監督の采配も含め)が際立っていたのが目に付くからです。Photo_106 ”オーストラリアは2度泣いた!”一つは試合に負けたこと。もう一つはヒディングとの別れ・・・凄く伝わってきました。オーストラリアは今、スポーツに対して凄く前向きに取り組んでいる国だと思います。野球もサッカーもそんなに強いイメージはない国なのですが、最近のオーストラリアは”違う!!”と思わせてくれるような活躍があるからです。結果が全てとはいいませんが、結果が付いてくるところで”感動や達成感”を味わえるのがスポーツです。試合があるのは、(受験なども一緒です)結果を出すためという側面が強いからです。評価はどうでしょう?日本。今回のワールドカップで国民に対して何を伝えられたのでしょう?WBC。イチローがヒーローになったり、松坂がMVPをとったのはどうしてでしょう?結果が、その評価の大部分を占めているからでしょう。それは、スポーツをやっている人は皆心に感じていることだと思います。そこまでの過程で、得ることも多いと思います。Photo_107 しかし、客観的に見て”結果”は凄く影響があります。ヒディング監督の”ネバーギブアップ!”という信念は、韓国、オーストラリアに受け継がれ、次回のロシアに引き継がれるでしょう。日本!また、近くにヒディング監督を感じながら4年間過ごすことになります。不撓不屈の精神で、必ず勝つ!!という心持で頑張りましょう!!Photo_108 ウクライナの初出場でのベスト8は、特筆ものです!!愛・地球博で魅力的な女性の多い国であると感じ、また、チェルノブイリ原発を国に抱えている気になる国ではありましたが、今回世界にその知名度を知らしめているシェフチェンコ選手の活躍も見所です。クレバーでルックスもいい。スター性を持った選手です。強豪(鉄壁の守り)スイスをPKで破った!!運のよさもあったかもしれませんが、今一押しの国ですかね^0^今後に期待です!!総じて言えるのは、実力差はどこも僅かな差しかないということ。。。日本がアジアの代表として、次回はこのクラスに入れる実力を願います!!!^0^!!!Photo_109

|

« 人の命の重さとは・・・ | トップページ | ドイツ、ベスト4!! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55590/2407076

この記事へのトラックバック一覧です: やはりイタリア・ウクライナも僅差です!!:

« 人の命の重さとは・・・ | トップページ | ドイツ、ベスト4!! »