« F1どうする!!井出有冶!! | トップページ | F1スペインGP »

夢を語る”星”の世界・・・

Photo_36 ”彗星”・・・その起源は、人類の歴史では想像も付かない神秘に包まれた世界です。夜空に目を向けてみると、たやすく星を見つけることができます。都会の地から放たれる光とは異質の、ゆっくりした、安定した光です。”今見える光が何年も前に放たれた光である”なんて、理解するのにも何年もかかってしまいそうな世界。。。地球の起源や太陽の誕生、宇宙の果て・・・一度はその神秘の世界に没頭した時期が誰にでもあるのではないでしょうか?Photo_37 数年前の”しし座の流星群”は、見る目を疑うような天体ショーでした。1分間に100個近くの流れ星を肉眼で見ることができました。お願いをいっぱいした子供たちも多かったのでしょうね・・・そして”ふたご座の流星群”・・・Photo_38 私たちの先祖が天を仰ぎ、神秘の世界に何を思ったのでしょうか?神話や語り部の中にも”分からない世界”に対する、夢や恐怖の世界があります。現代の科学技術の進歩においても、未だ解明されていない不思議がいっぱいです。太古の祖先がしたように、私たちも深呼吸をして天を見つめる時間を持ってはいかがでしょうか・・・きっと、自分の存在の輝きが普遍の恒久的なものに思えてくるでしょう。ちっちゃなことには、目を瞑れる心の余裕が生まれるでしょう。Photo_34 5月12日は、”シュバスマン・ワハマン第三彗星”が、地球に最接近します。1200万キロまで近づくその姿は、4等級になり肉眼でも見ることができます。13日が満月に当たりますので、12日も月明かりで見ることができないかも知れませんが、午後8時頃は東の低い位置に見ることができます。そこからだんだん上昇して明け方に西の空に吸い込まれていきます。Photo_35 5.4年周期で太陽を1回りして、16年ごとに地球に接近します。1930年5月2日にドイツのアルノルト・シュヴァスマンとアルノ・アルトゥール・ヴァハマンによって発見されました。行方不明になった時期を経て、1979年に再発見された歴史は有名です(別名謎の彗星)。。。今は、複数の大きな中心核から13個の細かい破片が分裂しています。神秘の天体ショー・・・ゆっくりと眺めてみてはいかがでしょうか ^0^

|

« F1どうする!!井出有冶!! | トップページ | F1スペインGP »

「自然 宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55590/1770739

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を語る”星”の世界・・・:

» ふたご座 [星座]
ふたご座ふたご座(双子座)は黄道十二星座のひとつ。トレミーの48星座のうちの1つ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 04時20分

« F1どうする!!井出有冶!! | トップページ | F1スペインGP »